欲望を満たしたいあなたにおすすめの出会い系サイトランキング

ワンナイトラブをキッカケに彼と付き合うための必須条件

2017/09/30

前から気になる彼に誘われて食事に行った。食事で盛り上がって彼にホテルに誘われてしまった。付き合う前にセックスをするのも、、、と思いながらも誘われた嬉しさもあって、ワンナイトラブをしてしまった。

前から気になっていて、セックスも気持ちよくて、なんだか前よりも意識している。もしかしたら、好きになってしまったのかもしれない。

彼ともう一度、あの夜のような快感を味わえたら。そして、それがいつでもできるように彼と付き合うことができたら。

これは、僕の女友達がワンナイトラブを経験したときに感じたことを僕に話してくれたエピソードです。ワンナイトラブをやった彼と付き合いたい、そんな思いのようです。

このように感じている人は意外に多いのかもしれないと思い、ネットを検索してみたところ、ワンナイトラブでセックスをした彼と付き合いたいという乙女心を持った女性が多いことがわかりました。

そして、何を隠そう、僕もワンナイトラブをやった女性に告白をされた経験があります。そのときのお返事は「NO」でしたが。。。

今回は、ワンナイトラブをやった彼と付き合いたいという悩みをもっている女性のために、僕の経験談を踏まえながら「ワンナイトラブをきっかけに彼と付き合う方法」をお伝えしていきます!

ワンナイトラブから付き合いたいと思うか?

まずはじめに、男性がワンナイトラブにどのような感覚をもっているのか確認したいと思いますが、とあるアンケートで『ワンナイトラブの相手は、その後本命の彼女になる可能生があるか?』という質問に対して、

「なる」… 37%
「ならない」… 63%

という結果になりました。

つまり、男は「ワンナイトラブから彼女になる可能性はない」という人の方が多いということになります。

この記事を読んでいる、ワンナイトラブから付き合いたいと思っている女性にとっては少し残念な結果かもしれません。

では、なぜ付き合う可能性はないという男性が多いのか、男の視点を踏まえて解説してきましょう。

ワンナイトラブから付き合えない理由がある

男性の10人に4人程度しか、ワンナイトラブから本命彼女にできないと言っている人がいませんが、それには訳があります。

つまり、ワンナイトラブの関係が都合が良いからあえて付き合うという選択をしない人が多いということです。ワンナイトラブから付き合いたい願望がある女性は、これをなんとか突破しないといけません。

そのためには、これからお伝えする「男の事情」を知っておくと、アプローチの方法が見つかるかもしれません。

本当は彼女がいる

女性には「彼女はいない」と言っていても、本当は付き合っている女性がいる人もいます。彼女が居ても彼女とのセックスに満足できなくて違う女性とセックスをやりたくなってしまうことは多々あります。

そのタイミングでワンナイトラブができるシチュエーションが巡ってきたら、罪悪感はありながらも欲望に負けてホテルに行ってしまうということです。

付き合っているとは言い難い

友達としては普通に楽しく過ごすことができるけど、付き合うことになるとあまり状況が良くないという場合があります。それは、周りを気にして付き合っているとは言えない、という男性は多いということです。

仲間内で付き合ってしまうとその後が気まずくなるけれど、友達の関係ではつまらない、もっと深い関係になりたい。という場合、ワンナイトラブ、あるいはセフレでとどめておきたいと思うことがあります。

彼女はいらないけど、セックスがしたい

付き合いたくないけど、セックスはしたい。というときにワンナイトラブをやることはあります。なんらかの理由で彼女を作るのは面倒くさいという男性でも、やはり性欲は抑えきれないもの。AVをみてオナニーするだけでは物足りないものです。

そんなときに、ワンナイトラブだったら付き合うこともなく性欲を満たすことができるのが丁度良いという男性もいるでしょう。

ワンナイトラブから付き合うための必須条件

男性は付き合いたくないけど、性欲を満たしたい。という根本的な欲望があります。そして、今挙げたように都合良くセックスをしたいと思っています。

女性にとっては都合良く遊ばれてると思うかもしれませんが、ワンナイトラブは残念ながら都合良く遊ばれている場合の方が高いかもしれません。

しかし、そこで悲しむのではなく、その都合を自分の都合に変えてしまうように努力をしてみましょう。男は単純なのであなたの振る舞いによってはイチコロになってしまいます。

まずは都合の良い女になりきる

ワンナイトラブから付き合いたいのであれば、まずは男にとって都合の良い女性になることが大切です。都合の良いと言うのはいいなりになるというわけではありません。いいなりになるのではなくて、男の都合をわかってあげて、その都合をクリアしてあげることです。

例えば、男性があなたとの関係は友達にも彼女にも誰にもバレたくないという都合があるなら、絶対に誰にも言わないことです。

絶対に言わないと言いながら、すぐに仲の良い友達に相談事として話してしまう女性がいますが、それは絶対にNGです。

セックス以外の関係も作っていく

ワンナイトラブから付き合いたい場合というのは、セックスをするためだけに会う関係から恋人という関係に移っていかなければいけません。そのためには、やはりホテル以外の時間も作っていく必要があります。

例えば、ホテルに行く前後にご飯を食べにいったり、ちょっとしたデートをしたり、恋人のような時間を意図的に作っていきます。セックス以外の時間でも楽しんでもらえるようになったら、付き合うまでは近いかもしれません。

とにかく尽くしてあげる

男性に限らないことですが、自分を大切にしてもらえると嬉しくなるものです。ワンナイトラブをやりたい男は、普段の生活で自分の価値を見出すことができていなく、自信を失っているかもしれません。

イケイケの振る舞いをしている男ほど自分に自信がなくて、自分の弱さを隠すために強く振舞っていることもあります。

そこで、あなただけは彼のことを認めてあげて、母性で尽くしてあげれば、男性の心も変わってくるでしょう。これは例えば、彼女がいてワンナイトラブをやっている男性も同じです。

彼女がいながら違う女性と関係を持ってしまう人は、日頃から彼女に細かく注意されていたり、ダメなところばかり指摘されて、嫌気がさしている場合が多いです。そんな男性には尽くしてあげるだけで「自分のことをわかってくれる人がいる」と、あなたに心が動き始めす。

ワンナイトラブで付き合いたくても、一番大事なのは「自分自身」

ワンナイトラブで付き合うための条件を男性目線から紐解いていきましたが、ワンナイトラブをやる根本的なところには

「都合良く性欲を満たしたい」

という思いがあります。

これを理解してあげて満たしてあげれば、付き合える可能性は高くなっていきますが、決して無理をしてはいけません。相手のことを思うあまり自分をないがしろにしてしまう女性がいますが、一番大切なのは自分の体です。

自分のことは自分が一番わかると思うので、無理のない範囲でワンナイトラブをやるようにしましょう。

そして、あなたのことを大切に思ってくれる男性に出会えることを願っています。

大切な人をここで見つけました